主な木管楽器。 木管楽器ファミリーのすべて

0コメント

木管楽器 より一般的な用語で管楽器について説明します。 これらの楽器は、木彫りで作られており、風の流れを流して音を出すことから、木管楽器と呼ばれています。 木管楽器は今日とても人気があります。 木管楽器は、伝統的なフォーク、クラシック、コンテンポラリーなど、さまざまなジャンルで広く使用されています。 木管楽器ファミリー かなり大きいです。 管楽器に名前を付けると、ニー、ズルナ、メイ、クラリネット、フルート、ドザレ、カバルが思い浮かびます。 各楽器には、サイズ、デザイン、および重量があります。 

木管楽器ファミリーのすべて

木管

木管楽器は木と粘土で作られていますが、今日ではほとんどの木管楽器はプラスチック、金属、またはその両方の組み合わせで作られています。 木管楽器を演奏するには、パイプに沿って穴を開閉する必要があります。 そのため、楽器の他の部分から吹くときに楽器を演奏することができます。 ほとんどの場合、木管楽器の本体は薄い木片です。 それぞれの楽器には独自のデザインとサウンド特性があります。 非常に明瞭なものもあれば、甲高い声のあるものもあります。

サックスやクラリネットなどの木管楽器にはリードが必要で、印象的です。 木管楽器ファミリーのフルートにはリードマウスピースは必要ありません。 一方、クラリネットは、長い無地の形状と滑らかなプラスチックの裏地により、柔らかな音を出します。 もう一つの木管楽器はサックスです。 真鍮はサックスの製造に使用されます。 したがって、サックスはより明るい音を出します。

 あなたは興味があるかもしれません: シリアのウードと他の人の違い

木管楽器はどのように機能しますか?

木管楽器は、内部の空気の振動のおかげで音を出します。 木管楽器は古代の木で作られていました。 真ちゅう、銀、ニッケル、金で作られています。 楽器ごとに音の出力が異なります。 フルートは世界で最も影響力のある管楽器です。 それは他の楽器と比較して特定のサイズを持っています。 しかし、ネイは新しい管楽器です。 さらに、管楽器で生成される高音(細い)または低音(太い)の音は、パイプの長さに正比例します。 パイプが短いほど音が大きくなり、パイプが長いほど音が太くなります。 オブジェクトから音を取得するということは、そのオブジェクトに振動を発生させることを意味します。 これらの振動は音そのものです。 管楽器は、中空の円筒形の本体で構成されています。 

主な木管楽器は何ですか?

木管

我が国でも世界でも注目を集めている管楽器は、多くの分野で使用されています。 オーケストラから結婚式、スーフィー音楽、演奏まで、さまざまな分野でそれらを見ることができます。 管楽器に関しては、フルート、ズルナ、ニー、メイ、カバル、クラリネットが思い浮かびます。

ズルナ

木管楽器の中でオクターブ比が最​​も高い楽器です。 オープンエリアで使用されます。

フルート

これは、私たちの国と他のヨーロッパ以外の国の両方で最も頻繁に実行される楽器です。 金属材料とプラスチック材料の両方で製造できます。

クラリネット

クラシック曲に使用されます。 独特の音色と響きで美しいハーモニーを生み出します。

Salamuzikとして、私たちはあなたに最高のサービスを提供することを目指しています。 より多くの製品を確認して購入するには、私たちに従ってください。

  あなたは興味があるかもしれません:  ペルシャ楽器のすべて

コメントを書く

すべてのブログコメントは公開前にチェックされます
あなたは正常に購読しました!
このメールは登録済みです