ハンドパン

フィルタ
    2商品

    2商品

    ハンドパンは、スティールパンのサブセットとして分類される楽器のグループの用語です。 トリニダードのスチールパン、インドのガタム、タイのゴング、インドネシアのガムランの物理的特性に基づいてPANArt社が開発したツールであるHangへの世界的な関心の高まりの結果、いくつかのハンドトレイメーカーとブランドも近年出現しています. 特にハンドパンの楽器としての発展にとって、これは非常に重要なステップです。

    厚板の基本的な形は、XNUMX つの金属製のハーフ シェルが接着されたもので、中央のトーン エリア (丁と呼ばれる) が、上側の少なくとも XNUMX つのトーン エリアの円で囲まれ、下側の開口部 (グーと呼ばれます) で構成されます。 . メーカー間の違いには、使用する材料、未加工のフォームの製造プロセス、音域の成形、およびチューニング方法が含まれます。


    今日、何百ものハンドパンメーカーが市場に参入し、素材、製造技術、形状、音、品質が大きく異なる楽器を提供しています. 多様性という点では、この状況は肯定的に評価できます。

    ハンドパンは、リスナーを魅了する幻想的で催眠的なサウンドを持つ楽器です。

    各楽器は、メジャー、マイナー、ハーモニックマイナーなどの単一のスケールに合わせてチューニングされています。 XNUMX本の弦には間違った音符がないため、美しい音楽を作成するために音楽理論の理解は必要ありません。 これにより、俳優は、より感情的で動的なインスピレーションから、心とは独立して即興演奏することもできます。 多くの奏者がこれらの楽器を個人的な瞑想、音の改善、より伝統的なグループ構成に使用しています。

    The handpan is a musical instrument with a very different structure compared to other musical instruments. It differs both in shape and in terms of its sound.

    As you play and explore the handpan instrument, you'll find that you sound much better. It will be a little easier for you to interpret it because it is different from the sounds you are used to hearing. A minimum of skill will suffice for creativity and rhythm. You can make sense of the sounds produced without having any technical knowledge. They are strings designed to be played intuitively by feeling and hearing.

    It does not have strict rules like other musical instruments. It is a musical instrument that is open to new interpretations since it is not a musical instrument with a very long history. After dealing with the handpan as a musical instrument for a while, you can produce new sounds with simple interpretations. You can create very good compositions by adopting the sounds that come out over time.

    First of all, we must evaluate the tuning and main notes of the instrument.

    This instrument is normally tuned in D minor but can be found in other keys as well. From here, we can create up to 12 different notes to create a variety of sounds. The lowest note of his instrument is normally the one closest to the musician, and the highest note is the one farthest away.

    The first point to consider will be the ergonomics of the musician, as it will be essential to avoid any possible discomfort or injury in the future, which could affect the quality of the sound.